仙台(宮城)周辺の映画館情報


仙台のまちなかにある映画館、桜井薬局セントラルホール

桜井薬局セントラルホールは仙台市青葉区中央にある桜井薬局ビルの3階に入居している映画館です。桜井薬局ビルはJR仙台駅西口から徒歩5分、またはJR青葉通駅から徒歩3分のクリスロード商店街の中にあります。桜井薬局ビルには1980年に別の興行会社の洋画や邦画の上映館ができましたが、2002年業績不振のため休館となり、同年別の企業によって名称を変更して再開場しました。その後2007年に経営権がビルの所有者である桜井薬局に移管され、現在の桜井薬局セントラルホールに改称されました。今日では市内唯一の地元資本の映画館となっており、主にミニシアター系の作品を多く上映しています。桜井薬局セントラルホールは映画館以外に、パワーポイントで作成したスライドショーが大画面に映写できるので、企業や団体のプレゼンテーションとして利用されています。他にも毎月第1土曜の「魅知国仙台寄席(みちのくせんだいよせ)」、毎月第1・2金曜開演のお笑いライブなどの定期公演の他、不定期に音楽ライブなども開催されています。


仙台駅東口すぐにある映画館、チネラヴィータ

チネラヴィータは仙台市宮城野区榴岡に位置し、JR仙台駅東口を出てすぐ左手にあるショッピングモールBiViの2階にある映画館です。チネラヴィータの名称は映画(チネ)でお客様の人生(ラヴィータ)を豊かに、という意味で、ロードショー作品からミニシアター作品まで、世界各国の良質な映画が上映されています。木町通にあるフォーラム仙台の姉妹館で、同館同様、アットホームな雰囲気で気軽に映画が楽しめると好評です。館内は3スクリーンで、座席は64席から83席、合計211席とこじんまりした映画館です。映画鑑賞料金は通常3歳(作品によっては2歳)〜中学生が¥1,000、高校生以上の学生が¥1,500、大人が¥1,800となっていますが、チネラヴィータでは様々な割引料金を設定しています。毎月1日のファーストディ、15日のフォーラムディ、毎週決まった曜日のメンズディとレディースディの他、高校生、留学生、障がい者、60歳以上のシニアなどの割引があり、上手に利用すると割安で映画が鑑賞できます。仙台 脱毛サロンとかでもそんな割引があったらいいのになぁと思う今日この頃です。


仙台市のセンスある映画館、フォーラム仙台

フォーラム仙台は宮城県仙台市青葉区木町通にある映画館です。同じく仙台市宮城野区榴岡にあるチネ・ラヴィータとは姉妹館となっています。アクセスは仙台市営地下鉄南北線北四番丁駅下車です。車の場合は当日券で入場の場合、特別割引作品を除き、一般や学生は上映時間分の駐車料金が無料になります。各種サービスディ、サービス料金作品及び会員、シニア、前売り券利用者は駐車料金が割引になります。フォーラム仙台のスクリーン数は3で、40席から96席までの大きさがあり、合計190席となっています。メジャーな作品以外にも、独自のセンスを持った番組編成者により、高品質な映画が選択され、上映されています。口コミでは、こじんまりとしていて、映画好きが足を運ぶと映画館と言う感じで、温かい雰囲気があると好評です。フォーラム仙台には様々な割引料金が設定されており、上手に利用すると割安で映画が楽しめます。例えば毎月1・15日の特定割引の他、毎週火曜のレディースディ及び毎週水曜のメンズディ、平日午前第1回目の上映の早朝割引、毎晩20時以降に上映されるレイト割引などがあります。他にも同伴者2人を含む障がい者割引、高校生割引、会員割引などがあります。


仙台の映画館といえばアクセス便利なMOVIX仙台

MOVIX仙台は、まずアクセスが便利です。ザ・モール仙台長町というショッピングモールの中にあり、車はもちろん、バスや地下鉄でも行くことができます。また、映画と一緒にショッピングを楽しむことができるので、家族や友人、恋人、いろんな相手と色んなシーンで使える映画館なのです。駐車場も、実は立体駐車場で直結しています。その為、雨が降っていても心配ありませんし、ご高齢の方もエレベーターやエスカレーターで安心して劇場に入れるようになっています。MOVIX仙台は、いつも立ち見の心配もなく、スムーズに入れる劇場ということで、仙台市民にとても愛されている映画館なのです。MOVIX仙台は、仙台にある映画館としては上映している映画の種類もとても、多く、座席数もたくさんあります。また、ひとつひとつの劇場が独立したようなスタイルになっているので、お気に入りの映画を見たい時に、ゆっくりくつろいで見ることができます。実際に劇場に入ってみると、どの席からもしっかりとスクリーンが見えるのです。これは、スタジアムのような席の作りになっているからこそのものです。


宮城県内の映画館、イオンシネマ石巻について

イオンシネマ石巻は宮城県石巻市茜平にある大型ショッピングセンター「イオンモール石巻」の2階にある映画館です。開館はイオンモール石巻のオープンに伴う2007年3月で、当初は「ワーナーマイカルシネマズ新石巻」と称しましたが、2013年に現在のイオンシネマ石巻に改称され、管理運営がイオンモール株式会社に移されました。アクセスはJR石巻駅から宮城交通の路線バス利用、もしくは三陸自動車道石巻河南IC下車すぐとなっています。イオンシネマ石巻には113席から362席までの8スクリーンがあり、合計で20の車いす席を含む1,625席があります。映画の他、音楽コンサート、スポーツ、演劇やゲームなどをシャープで高画質な映像で鑑賞できる「シアタス」として、迫力ある音響とともに今まで経験した事のない臨場感が楽しめます。また、表現力豊かな絵本を映画館の大きなスクリーンに映して行う、無料の絵本読み聞かせ「シネマdeおはなしえほん」は宮城県では名取市内とここ、イオンシネマ石巻だけで行われており、ファミリーから高い支持を受けています。


宮城県の町おこし映画館、シネマリオーネ古川

シネマリオーネ古川は宮城県大崎市古川台町にあり、JR東北新幹線及び陸羽東線の古川駅から徒歩5分の場所に位置する商業施設「リオーネふるかわ」の2階に入居している映画館です。リオーネふるかわは国土交通省や経済産業省の他、地元宮城県や古川市などから合計約30億円の援助を受けた開発事業です。シネマリオーネ古川は町おこしを目的に2006年に開設されたシネマコンプレックスで、宮城県のみならず、日本国内初の事例として注目を浴びました。座席数は113席から303席まで6スクリーンがあり、7つの車椅子席を含み合計1,010席となっています。このうち2ヶ所には「TMC Natural Sound」と銘打った、高周波音域を充実させ自然音を再現する独自の音響設備を導入しています。シネマリオーネ古川は年中無休で、年末年始も休まず通常営業しています。鑑賞料金には各種の割引が適用されます。60歳以上のシニア、毎週月曜日のレディースディ、毎週金曜日のメンズディの他、毎月1日のファーストディ、毎月22日の男女ペアに適用される夫婦の日・カップルディ、平日午前中の上映第1回目のグッドモーニングショー、毎日20時以降の最終回のレイトショーなどが安い料金で楽しめます。他にも毎月3回のお客様感謝ディ、一方が50歳以上の夫婦に適用される夫婦50割引、ポイントカード会員限定のシネマポイントカードディが設定されています。